Q:夏の過ごし方はどうすれば・・・

A:

温湿度計と涼しい環境を準備してあげてね。

 

まず、温湿度計を準備し、モルモットの生活圏は、いつでも確認出来るようにして下さい。

 

飼育本では、室温20度〜26度、湿度は40%〜60%です。

 

同じ室内でも、場所によって数度ほど違う場合もありますので、ご自身の体感とモルモットの様子も合わせて参考にして下さい。

冷たい空気は下にたまり、暖かい空気は上にのぼります。

 

毛のないスキニーモルモットやロングヘアーの子は、暑さ寒さに影響を受けやすいので、注意してみてあげて下さい。

 

モルモットの動きが鈍くなり、元気のない様子であれば、すぐに体調を確認し適切な室温を探してあげて下さい。

 

 

エアコンが必要な地域の方は、

エアコンの風がモルモットにあたらないよう羽を調節して下さい。

扇風機も、空気をかき回すためにつけて置くと、一部だけ冷える事なく快適です。

今時の、ECO機能・エコ性能が高いエアコンであれば、電気代はさほどかかりません。

我が家では、リビングで飼っているので、外出時はリビングを締め切りエアコンをつけて外出しています。家全体を冷やしてはいません。

他には、リビング外窓にすだれ、レースカーテンで直射日光も入らないようにしているので、だいぶエアコンに効きが良いようです。

 

 

エアコンがいらない地域の方は(締め切った室内でも涼しい)、

ご心配なようでしたら、凍らしたペットボトル・保冷剤(固いタイプ)にタオルを巻いて冷却材として使用下さい。

冷却材から水分がでてくるので、フードや牧草を濡らさない程度の厚みで巻いてあげて下さい。

 

冷却材をケージの中に置き、ケージ全体を大きな布で覆ってあげると、涼を取れると思います。

 

なお、保冷剤は、プラスティックの固いものを使用下さい。

中の液体は動物にとって毒です。

これは、小動物に限らず、他の動物にも毒なので、ペット用には固いもの・噛みきれないものを使用下さい。

 

 

 

おすすめ

保冷剤は、エアコンをしていても、停電などの補助用としても追加冷却材としても使えるので、どちらにしても使えるのでオススメアイテムです!